本文へスキップ

越前和紙の産地にて長田製紙所は手漉き本鳥の子紙の会社です

Mail. osadawashi@gmail.com

〒915-0234 福井県越前市大滝町29-39

伝統工芸士長田和也 飛龍製作

株式会社 長田製紙所は、福井県越前市で手漉きの和紙を製造しております。
現社長は四代目、家族経営の小さな会社ですが、伝統ある越前和紙のつくり手の一人として、日々奮闘努力を重ねております。


天然紙クラウドファンディング2019

越前和紙バック EICOBAG

越前和紙バック
「EICOBAG」

40年以上作り続けています。最近、NHKイッピンに取り上げられました。
越前和紙の御朱印帳

越前和紙の御朱印帳

弊社のアンティーク和紙や絞り染めの和紙をあしらった、中の紙まで100%越前和紙の御朱印帳です。
越前和紙 もみ紙名刺入れ

もみ紙名刺入れ

丈夫で長持ち、2〜3年は使っていただけます。2018年一番人気だった商品。お土産にも、ビジネスのお供にも。

越前和紙 手漉きオリジナルランプ 漉きあかり

和紙ライト
「すきあかり」

長田和也が手がける完全オーダーメイドの和紙インテリアライト 。
越前和紙 もみ紙アクセサリー

もみ紙アクセサリー

もみ紙を重ねた和紙のアクセサリー。耳にやさしい軽さです。
長田製紙所の仕事

長田製紙所の仕事

これまでの仕事を一覧にしています。



伝統工芸士 長田和也

伝統工芸士 長田和也

弊社社長の長田和也のプロフィールと経歴はこちら。
職人ブログ「わし太夫」もあわせてご覧ください。
現代の名工 長田榮子

現代の名工 長田榮子

長田和也の母、長田榮子のプロフィールと経歴はこちら。
2017年に現代の名工に選ばれました。
和紙と職人と暮らし ブログ

和紙と職人と暮らし

和紙職人の暮らしを綴ります。


最新情報

2019年2月28日
【イベント情報】
3月30日(土)13時〜16時 長田製紙所ショップオープン日
2019年2月26日
【再放送】
小さな旅「紙漉(す)く女神の里〜福井県 越前市〜」
3月2日午前5時15分から

越前和紙産地と職人を撮って頂いた番組です。
もしまだの方は見て頂ければ幸いです。
朝早いので録画がおすすめです。
2019年2月20日
2019年2月24日(日) NHK総合 午前8時00分
小さな旅「紙漉(す)く女神の里〜福井県 越前市〜」

にて、長田製紙所も取材していただきました。

美しい漉き模様「梅」の襖紙制作風景、「飛龍」の技など、ぜひご覧頂ければと思います。
詳しくはこちら

小さな旅「紙漉(す)く女神の里〜福井県 越前市〜
2019年2月4日
【好評につき延長、2月11日まで】
銀座蔦屋書店にて、和紙の催事が行われています。
長田製紙所は和紙小物とパネルを販売中です。
この機会にぜひお越し下さい。

詳しくはこちら
2019年2月4日
天然紙クラウドファンディング2019を始めました。
募集期間は2019年3月1日の23時まで!

詳細はこちらから

長田製紙所 天然紙のクラウドファンディング 2019年3月1日まで
2019年1月30日
新商品追加のお知らせ

法事・法要の引き出物
和紙の花びらオリジナルウェルカムボード

ぜひ、ご覧ください。
2019年1月26日
オープニングマルシェ@玉村屋様
揉み紙名刺入れやアクセサリーなど販売致しました。

出店レポートはこちら

2019年1月25日
台湾のメガネの会社CLASSICO様から取材していただきました。

詳細はこちらから

2019年1月23日
NHK様から撮影取材をしていただきました。

詳細はこちらから


→過去の更新情報はこちら

越前和紙とは?

川上御前・紙の神様
福井県越前市の伝統工芸品である越前和紙。
今から1500年前、川上から現れた女性にその製法を教えられたと言い伝えられています。
紙の製造が実際にいつ頃から始まったのかはっきりしたことは不明ですが、古くから写経用紙や公的文書にも使用されるなどその技術の高さには定評があり、時の権力の庇護を受けていました。
山に囲まれた越前和紙の里と呼ばれる地域では、日本唯一の紙祖神(紙の神様)川上御前を氏神に戴き、今も高品質な和紙の産地として全国に名を馳せています。

→詳細はこちらから


大瀧神社・岡太神社とは?

大瀧神社
→続きはこちらから



長田製紙所の仕事

越前和紙 長田製紙所の歴史1980年代〜現代まで、承った仕事をご紹介いたしております。

→詳細はこちらから