本文へスキップ

越前和紙の里にて紙漉きを受け継いで110年余。長田製紙所は手漉き本鳥の子襖紙の老舗企業です

Mail. osadawashi@gmail.com

〒915-0234 福井県越前市大滝町29-39

伝統工芸士長田和也 飛龍製作

長田製紙所は1909年創業の紙漉き工場です。
越前和紙の地で、手漉きの襖紙の老舗として、様々なデザインの襖を手がけてきました。
現在では、襖の柄付けの技術「飛龍」を応用し、インテリア和紙の制作も行っています。

長田製紙所 工場見学



天然紙2020

越前和紙バック EICOBAG

越前和紙バック
「EICOBAG」

40年以上作り続けています。最近、NHKイッピンに取り上げられました。
越前和紙の御朱印帳

越前和紙の御朱印帳

弊社のアンティーク和紙や絞り染めの和紙をあしらった、中の紙まで100%越前和紙の御朱印帳です。
越前和紙 もみ紙名刺入れ

もみ紙名刺入れ

丈夫で長持ち、2~3年は使っていただけます。2018年一番人気だった商品。お土産にも、ビジネスのお供にも。

越前和紙 手漉きオリジナルランプ 漉きあかり

和紙ライト
「すきあかり」

長田和也が手がける完全オーダーメイドの和紙インテリアライト 。
越前和紙 もみ紙アクセサリー

もみ紙アクセサリー

もみ紙を重ねた和紙のアクセサリー。耳にやさしい軽さです。
長田製紙所の仕事

長田製紙所の仕事

これまでの仕事を一覧にしています。



伝統工芸士 長田和也

伝統工芸士 長田和也

弊社社長の長田和也のプロフィールと経歴はこちら。
職人ブログ「わし太夫」もあわせてご覧ください。
現代の名工 長田榮子

現代の名工 長田榮子

長田和也の母、長田榮子のプロフィールと経歴はこちら。
2017年に現代の名工に選ばれました。
和紙と職人と暮らし ブログ

和紙と職人と暮らし

和紙職人の暮らしを綴ります。


最新情報

2020年3月30日
【工場見学休止のお知らせ】

新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防のため、本日から4月30日(木)までの間、工場見学の受付を中止させていただきます。
ご見学を楽しみにされていたお客様には誠に申し訳ございません。5月以降につきましても、工場見学を中止させていただく可能性がございます。 対応が決まり次第、当WEBサイトにてご案内いたします。
お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

2020年2月12日
【出張ワークショップ@雑貨andカフェcoto】

3月1日(日)に敦賀の雑貨andカフェcotoさんにて、揉み和紙アクセサリーのワークショップをさせていただきます。
普段なかなか嶺南の方での機会がないので、楽しみにしております。
詳細はこちらから

長田製紙所 揉み紙ワークショップ
2020年1月11日
【要予約】「越前和紙を使ったアクセサリーづくり」@銀座MUJI

揉み和紙を使って、オリジナルのピアス/イアリングをつくります。越前和紙について学びながら、実際に和紙に触れ、お好みの材料を選んで、色やデザインの組み合わせを楽しんでみませんか?

・ピアスかイヤリングかは当日お選びいただけます。
・以下の無印良品の予約サイトから必ず予約をお願いいたします。
・細かいパーツを扱いますので、10歳以下のお子さまは保護者同伴でお願いいたします。
・当日は、直接4F open MUJIにお越しください。受付後、参加費のお支払をお願いします。

参加費:2,500円
場所:銀座MUJI 4F open MUJI

開催日:
2020年01月18日 (土)
開催時間:
①11:00〜12:00
②14:00〜15:00
③16:00〜17:00

2020年01月19日 (日)
開催時間:
①11:00〜12:00
②14:00〜15:00
③16:00〜17:00

ご予約はこちらから


長田製紙所 揉み紙ワークショップ

2019年12月14日
【正月飾り2020】

正月飾り2020は扇形です。 落水紙の台紙に池田水引さんの水引をあしらいました。 稲穂は池田町の方から分けて頂いたものです。 壁に引っ掛けて飾って頂けます。 今年は日本百貨店にほんばし総本店にも置かせて頂いております! 関東方面の方も、ぜひご覧頂ければと思います。
詳細はこちらから


長田製紙所 正月飾り

2019年12月13日
【デッドストック和紙詰め合わせ】

長田製紙所工場内整理のため、デッドストックの和紙を断裁。お楽しみ詰め合わせセットも作ってます。ショップにて販売中。
長田製紙所ショップにて、平日8時から12時、13時から17時まで販売しています。平日以外でしたら一度ご連絡ください。

長田製紙所 デッドストック和紙

2019年12月12日
【TREE販売中】

今年もTREEの季節がやってきました。今年は在庫もたくさんあります。
ショップ限定アウトレット品もお安くなってますので、お気軽にお越しください。

長田製紙所 TREE クリスマス
       
2019年12月1日
【長田製紙所年末年始営業日のお知らせ】

2019年12月27日まで営業
2019年12月28日~2020年1月5日まで年末年始休業
2020年1月6日より営業
何卒、よろしくお願いいたします。

2019年11月28日
【北陸新幹線のCMに出演】

北陸新幹線のCMで弊社のすきあかりを撮影して頂きました。北陸新幹線のホームページでも取り上げて頂いてます。
CMはこちらから

長田製紙所 北陸新幹線 CM すきあかり


→過去の更新情報はこちら

越前和紙とは?

川上御前・紙の神様
福井県越前市の伝統工芸品である越前和紙。
今から1500年前、川上から現れた女性にその製法を教えられたと言い伝えられています。
紙の製造が実際にいつ頃から始まったのかはっきりしたことは不明ですが、古くから写経用紙や公的文書にも使用されるなどその技術の高さには定評があり、時の権力の庇護を受けていました。
山に囲まれた越前和紙の里と呼ばれる地域では、日本で唯一全国の紙業界から崇敬を集める紙の神様・紙祖神「川上御前」を氏神に戴き、今も高品質な和紙の産地として全国に名を馳せています。

→詳細はこちらから


大瀧神社・岡太神社とは?

大瀧神社
名前は大瀧神社・岡太神社(おおたきじんじゃ・おかもとじんじゃ)と呼びます。
「おかふと」ではありません。
社殿の複雑な屋根の形は、日本国内でも大変珍しいものであり、
昨今では国内外の様々な雑誌に取り上げられております。
弊社から徒歩7分の距離、駐車場もありますので、お時間がありましたらぜひお参り下さい。


→続きはこちらから



長田製紙所の仕事

越前和紙 長田製紙所の歴史1980年代~現代まで、承った仕事をご紹介いたしております。

→詳細はこちらから