本文へスキップ

越前和紙の産地にて長田製紙所は手漉き本鳥の子紙の会社です

Mail. osadawashi@gmail.com

〒915-0234 福井県越前市大滝町29-39

伝統工芸士長田和也 飛龍製作

長田製紙所は1909年創業の紙漉き工場です。
越前和紙の地で、手漉きの襖紙の老舗として、様々なデザインの襖を手がけてきました。
現在では、襖の柄付けの技術「飛龍」を応用し、インテリア和紙の制作も行っています。


天然紙クラウドファンディング2019

越前和紙バック EICOBAG

越前和紙バック
「EICOBAG」

40年以上作り続けています。最近、NHKイッピンに取り上げられました。
越前和紙の御朱印帳

越前和紙の御朱印帳

弊社のアンティーク和紙や絞り染めの和紙をあしらった、中の紙まで100%越前和紙の御朱印帳です。
越前和紙 もみ紙名刺入れ

もみ紙名刺入れ

丈夫で長持ち、2~3年は使っていただけます。2018年一番人気だった商品。お土産にも、ビジネスのお供にも。

越前和紙 手漉きオリジナルランプ 漉きあかり

和紙ライト
「すきあかり」

長田和也が手がける完全オーダーメイドの和紙インテリアライト 。
越前和紙 もみ紙アクセサリー

もみ紙アクセサリー

もみ紙を重ねた和紙のアクセサリー。耳にやさしい軽さです。
長田製紙所の仕事

長田製紙所の仕事

これまでの仕事を一覧にしています。



伝統工芸士 長田和也

伝統工芸士 長田和也

弊社社長の長田和也のプロフィールと経歴はこちら。
職人ブログ「わし太夫」もあわせてご覧ください。
現代の名工 長田榮子

現代の名工 長田榮子

長田和也の母、長田榮子のプロフィールと経歴はこちら。
2017年に現代の名工に選ばれました。
和紙と職人と暮らし ブログ

和紙と職人と暮らし

和紙職人の暮らしを綴ります。


最新情報

2019年11月18日
【アクセサリー作りワークショップ開催のお知らせ】

越前市の図書館でアクセサリー作りのワークショップをさせていたただくことになりました!ご参加いただければ幸いです!

※要予約、中央図書館までお電話ください。
☎0778-22-0354

日時:12月7日(土)10:00-12:00
場所:中央図書館学習支援室 定員20人
参加費:片耳1000円、両耳2000円
持ち物:なし
要予約:中央図書館へ電話 ☎0778-22-0354

越前市 武生中央図書館 アクセサリー作りワークショップ開催のお知らせ

2019年10月25日
【たくらCANVASマーケットに出店します】

出店させていただくことになりました。
素敵なマーケットですので、ぜひお越しください!

<日時> 
2019年11月10日(日)
10:00~16:00まで 雨天 屋内決行
<場所> 
福井県南条郡南越前町古木49-3-1付近
旧 宅良保育所と周辺一帯 
(今庄ふるさと交流センターきらめき隣り、リトリートたくら近く)

詳細はこちらから
2019年10月25日
【秋のインターナショナルバザーに出店致します】

秋のインターナショナルバザーの時期がやってきました!
東京でお会いできるのを楽しみにしております!

・東京アメリカンクラブ会員限定プレセール
11月12日 5:30–8pm

・インターナショナルバザー
11月13日 10am–8pm (9–10am: スタッフ向けプレセール)
11月14日 10am–2pm

詳細はこちらから

秋のインターナショナルバザーに出店致します
2019年10月1日
【消費税の改定】

本日10月1日より、消費税法改正に伴い、消費税10%を適用させて頂きます。
原材料の仕入れは消費税分、値上がりしておりますが、弊社の価格は据え置きで販売させて頂きます!
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年9月20日
【RENEW2019に出店致します】

日時:2019.10.12.(土)- 14.(月) 8:00 - 17:00
場所:株式会社長田製紙所
RENEWはオープンファクトリー&マーケットをコンセプトとしたイベントであり、各企業が工場を一般の方に開放しています。
弊社も工場見学、和紙の販売、揉み紙アクセサリーワークショップを行います。ぜひお会いできればうれしいです。

RENEW2019に出店致します
2019年9月4日
【大ふすま展@紙の文化博物館】

日時:令和元年9月6日(金曜日)~11月11日(月曜日) 毎週火曜休館(祝日の場合は開館)
場所:紙の文化博物館 福井県越前市新在家町11-12
越前和紙の襖紙が展示されます。弊社の手漉きのオリジナル襖もご覧いただけます!ぜひお越しください。

詳細はこちらから

大ふすま展@紙の文化博物館

→過去の更新情報はこちら

越前和紙とは?

川上御前・紙の神様
福井県越前市の伝統工芸品である越前和紙。
今から1500年前、川上から現れた女性にその製法を教えられたと言い伝えられています。
紙の製造が実際にいつ頃から始まったのかはっきりしたことは不明ですが、古くから写経用紙や公的文書にも使用されるなどその技術の高さには定評があり、時の権力の庇護を受けていました。
山に囲まれた越前和紙の里と呼ばれる地域では、日本唯一の紙祖神(紙の神様)川上御前を氏神に戴き、今も高品質な和紙の産地として全国に名を馳せています。

→詳細はこちらから


大瀧神社・岡太神社とは?

大瀧神社
日本で紙の神様を祀る神社はここだけ。
名前は大瀧神社・岡太神社(おおたきじんじゃ・おかもとじんじゃ)と呼びます。
「おかふと」ではありません。
社殿の複雑な屋根の形は、日本国内でも大変珍しいものであり、
昨今では国内外の様々な雑誌に取り上げられております。
弊社から徒歩7分の距離、駐車場もありますので、お時間がありましたらぜひお参り下さい。


→続きはこちらから



長田製紙所の仕事

越前和紙 長田製紙所の歴史1980年代~現代まで、承った仕事をご紹介いたしております。

→詳細はこちらから